まーるの羽根はうろうろしてるよ〜

そこらへんをうろうろ、人生をうろうろしています。

旅館とホテル、宿泊先を選ぶ際は目的によって決めよう

わたしは今までホテルと旅館は建物の作りが洋式なのか和式なのかの違い程度だと思っていましたが、旅館とホテルで働いたことでさまざまな違いを感じました。

宿泊する際は、目的に合わせてホテルに泊まるか旅館に泊まるか決めるといいでしょう。

 

わたしは今までホテルに泊まることばかりで旅館に泊まろうとは考えたことがありませんでした。

 

ホテルを選んでた理由 

 

  • ネットで探しやすい
  • 都市部にはホテルの方が多い
  • 時間などの融通がきく
  • 宿泊プランがさまざまある
  • プライベートが保証されてる

 

わたしは、ホテルは寝るためだけに利用していましたのでおもてなしされたり、荷物を持ってもらったりなどのサービスは特には求めていませんでした。むしろ放っといてくださいって感じでした。わたしのなかで最高のおもてなしはロープライスです。最近のホテルってすごい安いですね。2000円〜3000円で素泊まりできちゃいます。そして、遅いチェックインが可能だったり、時間の融通が利くので自分の予定に合わせやすいです。

 

旅館の特徴

旅館で働いててここがホテルと違うと思ったところをあげていきます。

 

  • 基本は1泊2食付きでの宿泊
  • コース料理が中心。
  • ほとんどの旅館に温泉などの大浴場の設備がある。
  • ベッドではなく、布団で寝る。常時布団は敷いてなく、夜になったら係の人が布団を敷きに行く。
  • お出迎え、お部屋までの付き添い、お見送りなどおもてなしを重視している。
  • 会社などの宴会するお客様が来る。
  • 家族経営のところが多く、小規模の宿泊施設。
  • 従業員が着物や作務衣などの和装。

 

旅館最大の特徴はやはり、おもてなしです。お客様に寄り添ったサービスを提供し、非日常の気分を味わうことができます。

 

ホテルの特徴

わたしがホテルを選んでた理由と被りますがホテルの特徴は

 

  • 1泊朝食付きが基本。最近は素泊まりプランなどお客様のニーズにあったさまざまな宿泊プランがある。
  • 客室内に常時ベッドがあり、いつでも休めるようになっている。
  • 大浴場のあるホテルが少ない。
  • 客室数が多いので予約しやすい。
  • 遅い時間のチェックインや早朝のチェックアウトなど融通が利きやすい
  • 頼めば色々なサービスがあるが、干渉されない。
  • レストランなどがホテル内にあり、食べたい物を選べる。

 

まとめ

温泉に浸かってゆっくりと滞在したいという方は旅館がおすすめです。また、家族旅行やシニア世代の旅行も旅館がいいと思います。

自分予定に合わせて自由に旅行をしたいと思っている、あまり干渉されたくないと思っている方はホテルがいいでしょう。

宿泊料金は旅館の方が高いですがゆっくり過ごしたいと思ってる方は旅館の方がいいと思います。ゆっくりと時間が流れているので非日常の生活を味わうことができます。