まーるの羽根はうろうろしてるよ〜

ふら~っと現実逃避をし続けている24歳放浪男子。将来を考えながらも自由に生きていく人生を模索中

稚内は宗谷岬だけじゃない。歴史とロマンの街だった。

どーも、まーるです。

先日、2泊3日で北海道の稚内まで観光しに行きました。って言っても1日目と3日目は移動して終わりましたけどね。

 

1日目、札幌→宗谷岬までレンタカーで向かう編(下道)

札幌から稚内宗谷岬までの距離は約350キロくらい、下道でも6時間くらいで行けます。高速道路を使っても30分くらいしか到着の時間が変わらないので下道で行きました。下道だと海沿いを走るのでTHE北海道の道をドライブしてるよ〜気分になります。

とは言ってもずっと運転は疲れるので所々で休憩、留萌市に黄金岬と言うスポットがあったので寄ってみました。

f:id:kaaain:20170622151642j:image

夕日がとても綺麗に見えるスポットらしいです。

 

とりあえず、宗谷岬

f:id:kaaain:20170619005438j:image

 

稚内に行ったら一番寄りたいところと言えば日本の最北の地、宗谷岬ですね。稚内市内から宗谷岬までは車で30分程の距離にあります。宗谷岬で有名な石碑ですが宗谷岬とは書いてなく、『日本最北端の地』と書いてありました。探検家、間宮林蔵の石像も建てられています。一般人が行くことができる最北の地らしいです。日が暮れるとライトアップされ綺麗です。

f:id:kaaain:20170622152858j:image

晴れた日にはサハリン(旧樺太)を見ることができます。宗谷岬からサハリンまで43キロ程の距離です。

 

宗谷岬周辺には宗谷岬公園があり、旧日本軍が使用していた海軍望楼や宗谷岬灯台があります。この地は日露戦争で旧日本軍にとって重要な場所だったらしいです。

宗谷岬は普段から風が強いらしいのですがこの日はさらに風が強く(風速30m)、命の危険を感じたので宗谷岬だけしか寄りませんでした。

 

帰り際、野生のキツネさんがお見送りしてくれました。

f:id:kaaain:20170622153428j:image

 

日本最北端の駅、稚内駅へ

f:id:kaaain:20170622231940j:image

もう時間が遅く観光するところがなかったので稚内駅まで行きました。宗谷岬から車で30分くらいにあり、稚内駅周辺が市街地です。宿泊施設やフェリー乗り場も近くにあります。

 

日本最北端の駅でこの先は線路はありません。

f:id:kaaain:20170622154254j:image

 

 

 稚内2日目

この日は利尻島礼文島に行く予定でしたがこの日は強風の為船が欠航。

稚内って他に見るところあるのかな」と思いましたがとりあえず稚内市内を散策しました。

 

稚内公園

稚内駅の近くにあり、稚内を一望することができます。24時間解放されているので夜景も見れます。

f:id:kaaain:20170623135310j:image

氷雪の門

樺太で亡くなった日本人慰霊碑です。

 

f:id:kaaain:20170623141350j:image

稚内市開基百年記念塔・北方記念館

地上部には、稚内市や北海道北部、樺太に関連した資料が展示されています。

地上70メートルの展望台があり、四方がガラス張りになっているので利尻島礼文島樺太など見えます。

営業時間:午前9:00〜午後5:00

入場料:大人400円、中学生以下は200円

開館期間:4月下旬〜10月末

 

ノシャップ岬

f:id:kaaain:20170623225534j:image

稚内駅より北に5キロほど距離にあります。宗谷岬の次に最北端にある岬です。晴れた日には利尻島が見えます。

f:id:kaaain:20170623232839j:image

イルカのモニュメントがあります。イルカが宗谷海峡を通過した昔話に基づいて建てられそうです。夕日がとても綺麗に見えるので夕日の時間に合わせて行くことをおすすめします。ノシャップ岬周辺には水族館や科学館もあります。

 

 

北防波堤ドーム

f:id:kaaain:20170623235709j:image

北海道遺産にも登録されており、今から約80年前に作られました。稚内樺太を結ぶ航路整備の一環として建設され、発着場として使われてました。強風や高潮を防ぐ役割も担っております。

 

底無し沼⁉︎ 利尻島とつながっている⁉︎ 伝説の坂下神社

f:id:kaaain:20170624001848j:image

あまり有名ではないのですがどうやら伝説があるとのことだったので寄って見ました。

坂ノ下神社の隣にある龍神沼は利尻島にある姫沼とつながっていると伝説が残っています。昔、切り崩した木材を龍神沼においてても数日経つと消えており、その木材が利尻島の姫沼に浮かんでいたことからそのような伝説が伝わっています。南無妙法蓮華経を唱えながら沼の周りを回っていると周辺が闇に包まれ、龍の様なものが出現した話もあります。底無し沼と言われていますが実際は底があります。

f:id:kaaain:20170624003415j:image

傾斜の急なところを登って行きます。稚内旅行で時間をあましたら寄ってみてください。

 

まとめ

稚内は日本最北端の地として、とりあえず行ってみましたがさまざまな歴史のある街でした。ちなみに風がめちゃくちゃ強かった。

札幌から距離がありますが稚内までの道は平坦でひたすら海沿いの道を走るのでドライブだけでも最高です。ただしスピードの出し過ぎには注意しましょう。

稚内まで行く方は利尻島礼文島にも寄る人が多いので、事前に天気予報や船の運航情報など確認してから行きましょう。